生命保険 増額 減額

内容変更を起こすことで、保険金の増額や減額ができます。

増額とは、たとえば、今まで、1000万円の死亡保障だったものを2000万円に増やしたいというような場合です。

保険証券の番号を変えずに行います。

契約時より、保障が増えるので、一般的に健康状態の再審査をします
健康状態で、増額不可の結果が出ることもあります。


掛け捨て部分の定期特約を増やす場合の保険料は、
今後を見据えた計算法でするので、あまり問題はありません。

貯蓄性の高い養老保険や、終身保険の場合は、
契約時までさかのぼって、本来なら貯蓄しているべき金額を戻入する必要があります

差額を一度に払うか、今後の保険料に上乗せするのかは、保険会社や、保険の種類によっても違うので、加入中の保険会社に問い合わせてください。

減額は、当然審査はありません。
今まで1000万だったものを500万にする場合は、保険会社はもともと1000万を払うはずだったので、リスクが小さくなり、審査の必要がないためです。

減額は、一部解約という形になるため、掛け捨ての場合の戻り金はほとんどありません。
逆に、貯蓄性の高い養老保険や、終身保険は、貯めていた資産が、減額割合に応じて戻ってきます。

月々の保険料は、当然安くなるので、支払いがどうしても厳しいときなど、解約してしまわずに減額で乗り切るのも一つの方法です。

ただ、契約後あまりに早い解約や減額は、契約に携わった保険募集人に大きくペナルティが加算されることが多く、
初めから解約や減額を想定して加入するのは、できればやめてあげてくださいね。
正しい提案をしていない不良契約を取ったことになってしまうので、募集人の評価が下がるのです。

自分が継続していける保障で、納得のいく契約を心がけましょう










生命保険 内容変更

今加入中の保険の内容を変えたい
そう思うことがあるかもしれません。

例えば家族が増えて、保障額を多くしたいとか、
入院給付金を増やしたいとか・・・

あるいは、支払いがきついから、安くするように保障を下げたいとかです。

基本的には、できます

中途付加、増額、減額、下取りなど、色々な方法があります。

基本的にはというのは、変更したい内容によって審査があったり、
パターン固定の保険の場合には融通が利かなかったりということです。


また、中途付加には、契約提携時や前回の変更時から、2年以上を経過していることなどの制限があることも。

保障はいつでも変えられると思っていても、思い通りにならないこともあるのです。

次回から、内容変更のより詳しい仕組みをお話します。



生命保険 受取人 指定代理人

生命保険の受取人

被保険者が生存している時と死亡した時で異なります。

死亡した時は、契約者が指定した受取人。
例えば、奥様とか、お子様とか、内縁関係が証明されれば内縁関係の方でもいいです。

被保険者が生存している時は、被保険者本人が受取人
例えば、入院給付金や、手術給付金は、被保険者本人に支払われます。

当然、申請書類は、被保険者本人が書かなくてはなりません。

今から、25年も前になるでしょうか。
まだ、ガンを告知しないのが当たり前だったころ(ガンは不治の病として、知ると本人が自暴自棄になったりすると考えられたため、告知はタブーだったのです)、問題がおこりました

ガンの治療であることを本人が知らずに、入院給付金を申請する場合のことです。
診断書にはしっかり病名が入るため、加入していても申請しないケースが出たり、
本人と偽って家族が申請を起こし、支払いしてもらえなかったり・・・

そんな時に、指定代理人制度が生まれました。

加入時、あらかじめ指定代理人を保険証券に明記しておくことで、
もしもの場合は、被保険者に代わって代理人が申請できることになったのです

今は、ガンは告知がスタンダードですから、当初の用途とは異なってきましたが、
事故や病気(脳梗塞とか)で寝たきりになり、請求を起こす意思表示ができない時のように、
色々な場面で、被保険者に代わって申請ができる仕組みが生きているようです。

もちろん、代理請求には条件があり、どんな場合でもできるわけではありません。
どのような場合に代理請求ができるのかは、加入した保険の約款に書かれていますので、
気になったら見ておいてくださいね


生命保険 保険年齢

保険に加入するのは、いつ?

大体の人は、人生の転機がきっかけになるようです。

■社会人になった
■結婚した
■子供が出来た。
■体に自信がなくなった
■病気になってしまった

本来は、社会人になったあたりで、自分の保険を考えるのがおススメです。

理由  
・若いので、まだ健康
・保険料が安い

前にもお話しましたが、生命保険は相互扶助なので、健康じゃなくなると保険料が上がったり、引き受け制限が出ます。
また、年齢によって病気になる確率が違うので、若ければ安くなります。
特に、個人年金や貯蓄系の保険は、若いほど長く貯めるので、顕著に安くなります

小さな保険でも、加入しておくことで、保険会社に資産がたまり、
結婚した時などにはそれを元手に、一回り大きな保険に切り替えることもできるのです

保険料決定の加入年齢を、保険年齢という呼び方をします。
満年齢を保険年齢にする保険会社もありますが、
日本の保険会社の場合は、誕生日の前後6か月を同年齢とみなして計算されることが多いです。

例えば、25歳の誕生日が3月30日の場合、
24歳の9月30日から、25歳の9月29日までが25歳として計算されるので、
どうせ加入するなら、24歳の9月30日になる前に契約を済ませてしまう方が安くなります。

加入の際は、保険年齢も頭に入れて、タイミングを図ってくださいね。







生命保険 リビング・ニーズ特約

名前ぐらいは、聞いたことがあるでしょうか?
リビング・ニーズ特約

生きるための・・というよりは、死を前提として生前に受け取ることが出来る特約。

何を?

死亡保険金の一部、または全部です。


死を前提って、どういう状態?


被保険者の余命が、日本で一般的に認められた医療による治療を行っても、
6か月以内と医師に診断されている時のことです。

受取人は、被保険者になります。

保険会社から見れば、遅かれ早かれ6か月を目途に死亡保険金を支払わなければならない状況が推定されるため、
前倒しして支払うこと(前払い)に同意する・・ということです。

例えば、ガンであったりする場合は、ホスピスに入る費用にできたり、
海外の治療に賭けてみたりできるというような、高額の費用の捻出に役立ちます

支払われる保険金ですが、解約とは違うため、
保険金を前払いせずに6か月を経過した場合に想定される、保険会社の収入分を差し引く形で支払われます。

支払われる保険金=希望の保険金(指定保険金額)-(6か月分の利息+6か月分の保険料相当額) となります。

つまり、死亡時時点まで保険を継続していれば支払ったであろう保険料6か月分や、
指定保険金を6か月間保険会社が運用していれば得ることが出来たであろう利息を
差し引きます・・・ということです

面倒くさいですね。

余命いくばくかのときに、有意義に使えるお金ですから、
付けることをおススメします。

上記の計算により、リビング・ニーズ特約を付加しても、保険会社は損をしないので、
リビング・ニーズ特約は、無料で付加できる特約ですから・・・

また、支払いの状況になっても、保険は継続しているので、
入院給付金や、手術給付金など、問題なく支払われます。


ただし、リビング・ニーズ特約によって支払われる指定保険金額は、
保険会社の個々の規約によって、上限が定められており、
対象となる死亡保険金額の範囲内、且つ最大3,000万円以内のケースが多いようです。